HOME
全タイトル
新刊本
最新推せん本
珠玉のロングヒット
たまの名著復刊シリーズ
ヒーリングと健康法
エドガーケイシー療法
気功・レイキ・ハンドパワー
東洋医療
総合医療
心のヒーリング
波動療法
魂の生まれ変わり
エドガー・ケイシー
原理
体験
人間能力の研究
瞑想
超能力
人生の向上
精神世界論
科学
精神
人生
芸術・文学
超能力
霊言
古代の英知
日本
インド・中国
古代大陸・エジプト・中近東
宇宙とUFO
目撃・UFO
搭乗・宇宙人
隠蔽
チャネリング
波動とエネルギー
実験・器具
理論
治療・ヒーリング
予言・占い
エドガー・ケイシー
ノストラダムス
西洋
東洋
チャネリング
その他
小説・ノンフィクション・生活
特定商取引法
管理者用

 ご注文合計額: 0円  
■先天的に自分を認識できない人    著者:久野善史 ▲戻る

1心の片寄り

1-1善と悪、心の前後方向
1-2創造=善が心の片寄りをつくる
1-3よろこびと苦しみ
1-4苦しみを受ける
1-5創造=善の力と破壊=悪の力
1-6心の複合的な片寄り1
1-7イエス・キリストの厳しさ
1-8本当の懺悔と反省
1-9苦しみを感じない場合

2偽我

2-1心の複合的な片寄り2
2-2心の複合的な片寄りができる理由
2-3心の片寄りを抑える力
2-4心の複合的な片寄り3
2-5自己中心性
2-6偽りの自分=偽我をなくす方法
2-7結婚は一大事
2-8異なる気質の異性を自分とむすびつける想像
2-9本当の自分の気質
2-10同じ気質の異性
2-11心の片寄りを是正する方法
2-12よろこびへ向かおうとする力1
2-13よろこびへ向かおうとする力2
2-14心の片寄りを蓄積させる人
2-15創造=善を求め続けても心は創造=善の力と同じ性質に変わる
2-16他人からもたらされる破壊=悪の力
2-17仕事1
2-18創造=善を求めることと心の片寄りを是正することは相反する課題
2-19仕事2

3 先天的に自分を認識できない人

3-1先天的に自分を認識できない人

3-1-1先天的に自分を認識できない人
3-1-2サダーパリブータは人徳のない人だった
3-1-3先天的に自分を認識することができない人は他人の気質を真似し続ける
3-1-4先天的に自分を認識することができない人にも本当の自分の気質がある
3-1-5先天的に自分を認識できない人は苦しむことになる
3-1-6先天的に自分を認識できない人は「自分以外のもの」を認識する能力を発達させない

3‐2サダーパリブータ

3-2-1サダーパリブータはお釈迦様の魂の最初の人生
3-2-2サダーパリブータは先天的に自分を認識できない人だった
3-2-3サダーパリブータの言葉
3-2-4空中からの声はサダーパリブータの本当の人格
3-2-5空中からの声はサダーパリブータに本当の気質を伝えた

3‐3お釈迦様

3-3-1お釈迦様はサダーパリブータの責任に言及しなかった
3-3-2お釈迦様はサダーパリブータの魂の影響を強く受けていた
3-3-3仏教が現実の問題に消極的な理由

4 他人の心に同化する者

4‐1他人の心に同化する者

4-1-1『聖書』のへび
4-1-2へびは先天的に自分を認識できない人だった
4-1-3先天的に自分を認識できない人の幼児期
4-1-4他人の心に同化する者は人格が複数ある
4-1-5他人の心に同化する者になるための条件
4-1-6他人の心に同化する者
4-1-7他人の心に同化する者は相手の偽りの気質を真似する
4-1-8他人の心に同化する者は相手の心の奥深くまで同化する
4-1-9他人の心に同化する者は瞬時に相手の心に同化できる
4-1-10他人の心に同化する者は離れた人の心にも同化する
4-1-11他人の心に同化する者は他人を操ることができる
4-1-12他人の心に同化する者の意識できない意識は苦しんでいる
4-1-13同化されている可能性
4-1-14他人の心に同化する者を救う方法

4‐2『聖書』のへび

4-2-1へびは他人の心に同化する者だった
4-2-2へびは神の心を読むことができる
4-2-3善悪を知る者
4-2-4イブは浮気心を持ってしまう
4-2-5アダムとイブが善悪を知る木の実を食べた理由
4-2-6最後の審判がおこなわれる理由

5 イエス・キリスト

5-1神が合わせられたもの
5-2へびが人類の心に同化している証
5-3最後の晩餐での重要な場面
5-4「新しいいましめ」
5-5マグダラのマリヤ1
5-6マグダラのマリヤ2
5-7「神が合わせられたもの」がいない人
5-8最後の審判の意味

あとがき


価格 1,300円(税別)




注文数
  在庫切れ
▲戻る