HOME
全タイトル
新刊本
最新推せん本
珠玉のロングヒット
たまの名著復刊シリーズ
ヒーリングと健康法
エドガーケイシー療法
気功・レイキ・ハンドパワー
東洋医療
総合医療
心のヒーリング
波動療法
魂の生まれ変わり
エドガー・ケイシー
原理
体験
人間能力の研究
瞑想
超能力
人生の向上
精神世界論
科学
精神
人生
芸術・文学
超能力
霊言
古代の英知
日本
インド・中国
古代大陸・エジプト・中近東
宇宙とUFO
目撃・UFO
搭乗・宇宙人
隠蔽
チャネリング
波動とエネルギー
実験・器具
理論
治療・ヒーリング
予言・占い
エドガー・ケイシー
ノストラダムス
西洋
東洋
チャネリング
その他
小説・ノンフィクション・生活
特定商取引法
管理者用

 ご注文合計額: 0円  
■体外離脱体験                     著者:坂本政道 ▲戻る

 この本では、「体外離脱体験」という世間一般常識から見ると、かなりあぶない話を扱っている。そのため、読者の方は、私をその手のちょっと「あぶない人」と思われるかもしれない。
 しかし、今一度、我々の常識とは一体何なのか、考え直してみる必要がある。そうすれば、常識が一見磐石の真理のように見えながら、実はかなり狭い世界でしか成り立たない局所的真理に過ぎないということが、明らかになるはずだ。そして、こういった特異現象が、特殊条件下では、起こってもおかしくないということに、気づくはずである。
 体外離脱とは、自己の意識が体の外に抜け出す現象で、肉体から独立した自己が存在することを明らかに知らされる体験である。この体験は実に衝撃的でその人の物の見方、人生観を根底から覆してしまうと言っても過言ではない。
 私は、大学で物理を専攻したぐらい徹底した物質論(唯物論)者だった。全ての現象は、物質とエネルギーで説明できると固く信じていた。人間の精神活動も、脳細胞の、つまりは、物質の作用だと信じて疑わなかった。
 ところが、この体験は、そういった考えが間違いであること、人間の存在はこの肉体だけではないこと、というよりむしろ、人間の本質はこの肉体(物質)から独立して存在し、精神とでも呼ぶべき非物質のものであることを明らかに教えてくれた。 (「はじめに」より)

<著者プロフィール>
坂本政道(さかもと まさみち)

1954年生まれ
1977年東京大学理学部物理学科卒。
1981年カナダのトロント大学電子工学科修士課程終了。
1977年ソニー(梶jに就職。半導体素子の開発に従事。
1987年にヘッドハンティングされて渡米。米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体素子の開発に従事。
1995年帰国、同社の日本におけるマーケティングに従事。
2000年5月、退社。現在は個人投資家として活躍している。
著書に『死後体験』(ハート出版)がある。


価格 1,100円(税別)




注文数
 
▲戻る